特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝 世羅がアベックV 男子、5年ぶり10回目の頂点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする世羅の塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影
1位でフィニッシュする世羅の塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

 男子第71回全国高校駅伝競走大会は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで行われ、3区のコスマス・ムワンギ(2年)の区間新記録でトップに立った世羅(広島)が2時間1分31秒をマークし、歴代最多の優勝回数記録を更新する5年ぶり10回目の優勝を果たした。世羅の男女同時優勝は2015年以来2回目。男女同時優勝は昨年の仙台育英(宮城)に続いて2年連続となった。(タイムは速報値)

 2位以下は以下の通り。洛南の2時間2分7秒は留学生を含まない高校最高記録となった。

 ②仙台育英(宮城)③洛南(京都)④倉敷(岡山)⑤佐久長聖(長野)⑥九州学院(熊本)⑦須磨学園(兵庫)⑧大牟田(福岡)

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集