特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

高校駅伝 男子は高速レースに 世羅は歴代2位タイム 上位4チームが歴代10傑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする世羅のテレシア・ムッソーニ(左)と塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影 拡大
1位でフィニッシュする世羅のテレシア・ムッソーニ(左)と塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

 世羅(広島)が男子は歴代10傑に4チームが入る高速レースを制し、女子は最終5区の大逆転劇で男女同時優勝を決めた。京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に20日行われた男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会。男女同時優勝は1993年、2019年の仙台育英(宮城)、15年の世羅に次ぎ4回目となった。

 優勝回数を歴代最多の10回に伸ばした男子は、歴代2位の好タイムをマーク。前回優勝の仙台育英が2位で、3位・洛南(京都)の2時間2分7秒は、08年の全国大会で佐久長聖(長野)がマークした2時間2分18秒を上回り、留学生を含まない高校最高記録となった。

 2回目の優勝を果たした女子も全国大会歴代8位のタイム。神村学園(鹿児島)が2位、連覇を狙った仙台育英が3位で、8位の学法石川(福島)が初入賞を果たした。(スタート時の気象▽女子=晴れ、気温9度、湿度67%、北の風1・2メートル▽男子=晴れ、気温9度、湿度61%、東の風1・1メートル)

男子は3区からトップに

男子順位の推移 拡大
男子順位の推移

 世羅が3区でトップに立ち、そのまま逃げ切った。トップの九州学院と20秒差でたすきを受けた3区・コスマスが区間新の快走で首位に立ち、以降は1位を一度も譲らなかった。2位の仙台育英は5区・小原、6区・堀の連続区間賞などで後半に追い上げたが、最後は13秒届かなかった。3位の洛南は終始3位以内を保つ安定したレース運びを見せた。倉敷は3区・イマヌエルが区間4位の走りで流れをつかみ4位。佐久長聖は終盤に後退し5位だった。

女子はアンカー勝負制す

女子順位の推移 拡大
女子順位の推移

 世羅がアンカー勝負を制した。1区で4位につけると、2区以降も粘って5区のムッソーニにトップと42秒差の8位でたすきをつないだ。ムッソーニは区間新記録の走りで先頭の神村学園を3キロ付近で逆転。そのまま突き放した。神村学園は5位でたすきを受けた5区のバイレが4人を抜いて一時トップに立ったが、リードを守れなかった。仙台育英は全区間で安定した走りを見せて3位。3区までトップを走った北九州市立が4位に入った。

世羅(広島県世羅町)

 1896年創立の県立校。地元は駅伝大会が盛んで「駅伝のまち」と呼ばれる。主なOBに原晋・青山学院大陸上部監督ら。

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集