メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神村学園、逆転され2位 泣き崩れたアンカー レース中に足痛め 高校駅伝

5区で一時先頭に立った神村学園のバイレ・シンシア(手前左)。右は立命館宇治の村松灯=京都市内で2020年12月20日、藤井達也撮影

[PR]

 全国高校駅伝女子(毎日新聞社など主催)は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われ、神村学園(鹿児島)は5区で一時、先頭に立ったが、逆転されて2位に終わった。

 神村学園のアンカー・バイレは2位でフィニッシュ後、競技場外で一人、座り込んで泣き続けた。有川哲蔵監督やチームメートが迎えに来ても涙は止まらなかった。

 トップと19秒差の5位でたすきを受けた。ライバルとみていた仙台育英の米沢も含めて次々と追い抜き、約1.5キロで先頭に。予想したレース展開だった。

 しかし、そこからペースが上がらない。3キロ過ぎには世羅にかわされて失速気味に。レース後、泣き崩れる姿を見た有川監督は「本当に優勝させたかったんだな」と痛感した。

 失速の原因はレース中に右太ももを痛めたことだ。3区の中須、4区の鳥居が区間賞を取ったが、1、2区は区間11位と12位。思ったような走りができない選手が多く、有川監督は「コンディショニングがうまくいかなかった」と悔やむ。

 県予選会は1時間6分4秒をマーク。留学生を含めたチームでの高校最高記録だ。都大路では1996年に埼玉栄が記録した1時間6分26秒の大会記録更新を目標に、厳しい練習に取り組んでいた。主将の中須は「後輩たちには『最強チームを作っていくぞ』という気持ちでやってほしい」。やり残した夢を託す。【鈴木英世】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです