メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先輩の背中を追いかけ力走 仙台育英1年の杉森 全国高校駅伝・女子3位

2区で力走する仙台育英の杉森=京都市内で2020年12月20日、藤井達也撮影

[PR]

 女子第32回全国高校駅伝競走大会は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に5区間21.0975キロのコースで行われ、仙台育英(宮城)は3位に終わり、大会連覇はならなかった。

 同郷で憧れの先輩が走った2区で1年の杉森が力走した。後半、曲がり角が続くコースを迎えた。カーブに沿うのではなく、最短距離で走ることを意識した。「(米沢)奈々香さんに走り方を教わった」。一つ順位は下げたが、3位でたすきをつなぎ「悔いはない」と力を出し切った。

 昨年は全日本中学校陸上の1500メートルで優勝した。仙台育英に進学したのはこの日アンカーを務め、同じ浜松・北浜中出身で1学年上の米沢の存在がある。「奈々香先輩の背中を追いかけたい」。昨年、テレビで優勝を見てその思いはさらに強まった。

表彰式を終え、腕に書いたメッセージを見せ合う仙台育英の杉森(右)と米沢=ハンナリーズアリーナで2020年12月20日、平川義之撮影

 だが、11月中旬に練習中に左足を痛めるアクシデント。「大会に間に合わないんじゃないか」。不安がよぎる中、寮でも隣の部屋である米沢から声をかけられた。患部のマッサージを受け「大丈夫だよ。走れるよ」。

 12月には練習に復帰したが、初めての都大路はぶっつけ本番。緊張していたこの日の朝、米沢から左腕にメッセージを書き込んでもらった。「最高の結果にしよう。頑張ろうね‼ ななか」。万全な状態ではないが期待に応える走りを見せた。「この経験を生かし、来年は先輩たちと優勝を目指したい」。王座奪還を誓った。【面川美栄、安田光高】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです