地元京都の洛南が3位 「常に前へ」で12年ぶりの好タイム 高校駅伝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3区で先頭のコスマス・ムワンギ(右)を追う洛南の佐藤(左)ら=京都市内で2020年12月20日、久保玲撮影 拡大
3区で先頭のコスマス・ムワンギ(右)を追う洛南の佐藤(左)ら=京都市内で2020年12月20日、久保玲撮影

 男子第71回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開かれ、地元・京都の洛南が2時間2分7秒で3位入賞した。

 2008年に佐久長聖(長野)が記録した日本選手だけの日本高校最高記録を11秒更新。奥村隆太郎監督が「常に入賞圏内で走れたいいレース」と言うように、7人いずれも粘りを見せた。

 中でも、チームをけん引したのは「留学生と競いたい」と外国人選手が集まる3区を志願した佐藤だ。23分40秒で区間日本選手トップの快走。今秋は中距離を中心に練習し、トップスピードを上げたことが奏功し「一つでも順位を上げられてよかった」と笑みを見せた。アンカーの溜池も踏ん張った。最後の150メートルで倉敷(岡山)の選手が背後まで迫っていることに気付き「フォームがめちゃくちゃになっても負けたくない」と疾走。1秒差で競り勝った。

 「常に前へ」のスローガンを掲げる。奥村監督は「苦しくなった時こそ前に出る。どの選手もこれができた」。早くも選手たちは「1番になる」と来年の目標を語り出す。この姿勢こそが、強さの源泉だろう。【森野俊】

あわせて読みたい

注目の特集