特集

おとなの週末

覆面取材で見つけた旨いお店の情報を掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』公式サイト(講談社ビーシー)からの提供記事を掲載しています。

特集一覧

おとなの週末

東京駅で黒毛和牛料理専門店が作る絶品ハンバーグが味わえる!想像を超える衝撃の旨さ!

情報提供おとなの週末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

口に運んだ瞬間の衝撃! 弾力のある粗挽き牛肉のコクがギュギュッとしみ出し、香ばしい焦げ目から濃厚な肉汁があふれ出す。

Vimon(最寄駅:東京駅)

旨み炸裂の贅沢ハンバーグ 和牛を噛みしめる悦びに浸る

味付けは岩塩とコショウだけ。「厳選和牛はそのままの味が美味しいので、ソースを付けません」。これが黒毛和牛料理専門店『Vimon』の名物「すねハンバーグ」である。挽き肉はステーキをカットする際に出るスネ肉を100%使用。骨太で躍動感のある旨さは、ステーキにだって負けない。ああ、もう普通のヤワなハンバーグじゃ満足できなくなりそう……。
 おひとりさまの日はカウンターへ。目の前の鉄板からジュージュー鳴り響くBGMを聴きながら、心地よく午餐をいただける。テーブル席も充実しているので、ランチ会や接待でもぜひ。肉好きを誘ってゆっくりとお楽しみを。

すねバーグ(170g)

1480円 6f185f57704c45450f7486a9b71401fe 付け合わせは大根おろしのみ。仕入れる国産牛は日替わりで、この日は山形産や熊本産など。255gは2020円、340gは2530円。バラとモモの挽き肉でつくる「とろバーグ」(170g 1790円)も双璧の人気。タネに上質な牛脂を加え、肉汁が滴るジューシーな味わいに仕上げる。17時までのランチタイムはライス、スープ、サラダ付き

メンチカツランチ

1050円 dd0e41362a7f182e112b5074af9d2198 1日25食限定のメンチカツ。「すねバーグ」と同じ濃厚な旨みを、マスタード入りの特製ソースでさっぱりと

VIMONバーガー


1680円 0206079ecd0ea75c39218c5416781989 夜メニューのイチ押し。ハンバーグの実力と食べ応えをハンバーガーでも堪能

お店からの一言

1ebd0197616fc2bdc7be3061d53274b3 店長 前島一仁さん、スタッフ 篠木三貴さん 「「白穂乃香」の生ビールやソムリエが選ぶワインも自慢です」

Vimonの店舗情報

58e16a326d303695c6386d70a507bdd5 [住所]東京駅構内1階 キッチンストリート内 [TEL]03-3283-1841 [営業時間]11時~23時(22時LO)※ランチは11時~17時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全48席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]八重洲北口改札から徒歩2分

電話番号 03-3283-1841
撮影/小島 昇 取材/林 匠子 2020年1月号発売時点の情報です。

関連記事

ハンバーグの店モンブラン浅草店|個性豊かな6種類の選べるソースが嬉しいハンバーグ(洋食/浅草)

【閉店】和cuisine Agg(ハンバーグ/銀座)

「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事

ハンバーグ&ステーキ食堂 KURAUZO|朝挽き新鮮ミンチで作る牛肉パテ(ハンバーグ/御徒町)

浅草グリルバーグ(ハンバーグ/田原町)|肉の旨みと甘みを増幅させる塩麹

あわせて読みたい

注目の特集