全国高校駅伝

青森山田 男子15位、女子18位 両監督、主将の話 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

経験不足が出た 青森山田男子・河野仁志監督

 全国で戦えるレベルだったと思うがメンバーのうち4人が1、2年生だったこともあり、経験不足が出てしまった。今回の経験を来年に生かし、もっといい順位を目指したい。

練習通りの走り 青森山田男子・村上大樹主将

 メンバーの半分以上が区間10位以内のタイムで走ることができた。みんな練習通りの走りができたと思う。前半は出遅れてしまったが、チーム全体で流れを取り戻せた。

来年につなげる 青森山田女子・大島健治監督

 選手全員よく頑張った。もう少しタイムを縮めたかったが、ここまでやれるという自信にはなった。1・2年生中心の若いチームなので、来年につながる結果になったと思う。

役目果たせた 青森山田女子・多勢光主将

 力を出し切れたと思う。1区と2区に頼っていた部分もあるが、みんな走りきることができ、それぞれの役目は果たせた。来年のメンバーにはもっと上位を目指してほしい。

あわせて読みたい

注目の特集