全国高校駅伝

男子・水城23位 女子・茨城キリストは31位 両監督、主将の話 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

一生懸命走った 水城・小松崎禎行監督

 コロナ禍でも選手は目標に向けて努力し一生懸命に走ってくれた。8位入賞という目標を達成させてあげられず悔しい。

来年こそ入賞を 水城・亘理魁主将

 今年もあまり納得のいく結果とならなかった。今の1、2年生も強い代だと思うので来年こそ8位入賞に向けて頑張ってほしい。

チームに一体感 茨城キリスト・関山友子監督

 目標の(20位台)順位は達成できなかったが、よくここまで頑張った。サポート役も含めて、チームとして一体感を感じることができた。

目標、後輩に託す 茨城キリスト・小林愛奈主将

 全国のレベルは違うなと思った。県高校記録(1時間9分36秒)を更新できなかったが、この目標は後輩に託したい。

あわせて読みたい

注目の特集