全国高校駅伝

県勢、最後まで粘り強く 女子・宇都宮文星19位/男子・那須拓陽38位 両監督の話 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

目標を達成できた 宇都宮文星女子・海老沢良仁監督

 1、2区が予想以上に良い流れを作ってくれた。目標を達成できたのは、アンカーの本多が粘ってくれたことが大きい。選手たちのやる気をさらにかき立てるレースになった。

1区の出遅れ響く 那須拓陽・鈴木賢一監督

 1区での出遅れは大きかったが、選手は一つでも順位を上げようと苦しい状況でも最善を尽くして頑張った。この悔しさは全国でしか取り返せない。また戻ってこられるように練習したい。

あわせて読みたい

注目の特集