全国高校駅伝

女子・成田11位 男子・八千代松陰17位 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子の11位でフィニッシュする成田の南莉花=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影 拡大
女子の11位でフィニッシュする成田の南莉花=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競争大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が20日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われた。県勢は、いずれも3年連続出場の女子・成田(10回目)が1時間10分の11位、男子・八千代松陰(13回目)が2時間5分20秒の17位だった。8位入賞には届かなかったが、強豪が集う大舞台で懸命にたすきをつなぐ力走を見せた。【長沼辰哉】

女子 一時は6位、入賞逃す

 最長区間の1区(6キロ)を任された主将の小坂井(3年)は、北九州市立がスタートから独走したが「最後の上り坂のために冷静になった」とあえてついて行かず、2位集団で走った。終盤は向かい風に苦しんだが、2区(4・0975キロ)の山崎(同)に「約束通り」笑顔でたすきをつないだ。

 8位で受け取った山崎は「3年間でやったことを出し切りたい」と意地を見せて、6位で3区(3キロ)の鈴木(1年)に渡した。鈴木は集団がばらけ「一人になってペースがつかめなかった」と、最初の1キロでタイムを落とす。「3年生から(たすきを)受け取り、ここから1年生が頑張る」とペースを上げ、6位でつないだ。

 4区(3キロ)の横沢(同)は、下り坂が続く中盤の1キロで「思うように体を使えなかった」と9位に順位を落とした。5区(5キロ)の南(同)は、入賞ラインの8位と6秒差で走り出したが、「少しずつ苦しくなり力んでしまった」と順位を二つ落とし、11位でフィニッシュした。

男子の17位でフィニッシュする八千代松陰の早見英晃=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影 拡大
男子の17位でフィニッシュする八千代松陰の早見英晃=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影

男子 主将が意地、順位上げ

 1区(10キロ)の油谷(3年)は序盤、先頭集団の後方につけ「もっと粘りたい」と耐え続けたが、5キロ地点の上り坂で順位を落とした。27位で走り出した2区(3キロ)の大野(同)は「良い走りができなかった去年より、積極的な走りをしたい」と順位を三つ上げた。

 3区(8・1075キロ)は、主将の工藤大(同)が抜きつ抜かれつを繰り返し、結果18位で「託したぞ」と声をかけ、4区(8・0875キロ)の石原(2年)につないだ。石原は「4区の自分は詰める役割」と追い上げ、順位を一つ上げる。5区(3キロ)の川添(3年)は後半に失速し、「思ったよりも伸びなかった。60点の走り」と振り返る。

 6区(5キロ)の工藤慎(1年)は「1人といわずもっと抜きたい」と健闘し、16位に順位を一つ上げた。最終の7区(5キロ)を任された早見(3年)は「チームの目標は8位入賞。最初から突っ込んでいくつもり」で力走するも、17位でフィニッシュした。1年生で唯一走った工藤慎は「先輩を超えていきたい」と話し、都大路に戻ってくることを誓った。

あわせて読みたい

注目の特集