全国高校駅伝

男子、中越31位 女子、新潟明訓41位 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子の31位でフィニッシュする中越の黒谷優=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影 拡大
男子の31位でフィニッシュする中越の黒谷優=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)が20日、京都市であった。2年連続16回目の出場の男子・中越は2時間6分53秒の31位で、県勢最高記録(中越=2時間8分47秒)を20年ぶりに更新した。2年連続9回目の出場となった女子・新潟明訓は1時間14分56秒で41位だった。新型コロナウイルスで例年と異なる環境の中、両校とも師走の都大路を走りきった。【池田真由香、露木陽介】

男子 中越31位 県勢初の2時間6分台

 都大路の経験者4人が走った中越は、前回大会からタイムを2分32秒縮め、県勢初の2時間6分台をマークした。

 エース級が集まる「花の1区」は、前回アンカーを務めた山崎丞(2年)が担った。長い上り坂にも「きつく感じなかった。自分の今持っている力を発揮できた」と途中まで2位集団の後ろで耐え、28位に食い込んだ。

 下り坂が続くスピード区間の2区は、前回6区を走った品田滉人(2年)。四つ順位を落とし「思い通りの走りができず課題が残った」。小山一太(2年)に「流れを変えてほしい。行ってこい」と背中をたたいてたすきを渡した。

 3区の小山は「前半は苦しかった」と振り返るも「足が軽く調子がよかったのでいけると思った」と、区間23位の走りで三つ順位を上げた。

 4区は初めて都大路を駆けた鈴木孔士(2年)。前半は好調だったが、残り2・5キロから失速、三つ順位を落とした。「楽しかったが悔しさもある。もう一度4区を走り、リベンジしたい」と次の大会を見据えた。

 5区は、県大会ではメンバー入りしなかった古川鼓太朗(2年)を抜てきした。「率直に楽しかった。初めてのレースでキャプテンにつなぐ役割ができた」と大舞台にも緊張せず、一つ順位を上げる力走を見せた。「凜さんならやってくれる」と主将の遠藤凜(3年)につないだ。

 6区の遠藤は出場した唯一の3年生。3月に右足首の手術をしたが「足の動きもスムーズで最高の状態だった」。序盤で抜かれた選手のペースに無理について行かず、上り坂で差を詰め、区間19位の快走で集大成を飾り、最終の7区へ。

 アンカーは5000メートルのタイムでチームトップの黒谷優(2年)に託した。「自分の順位が総合順位になる緊張があったが、『中越頑張れ』の声が聞こえて励みになった」とトラックを疾走しフィニッシュした。

女子の41位でフィニッシュする新潟明訓の五十嵐望来=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影 拡大
女子の41位でフィニッシュする新潟明訓の五十嵐望来=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

女子 新潟明訓41位 序盤先頭に食らいつく

 新潟明訓は、都大路経験者3人が前回の区間タイムを更新するも全体では6秒遅く、前回と同じ41位だった。

 1区は県大会と同じくエースの武田芽依(3年)がエントリー。「挑戦者の気持ちで走れた。ゴルフ場や家の周りの坂を走り、上り坂はイメージ通りだった」と振り返る。前回大会で1区を走った伊藤柚葉さん(現・城西大1年)からも「1区は流れが大事な区間。きつくても粘るのが大事」とアドバイスを受け、3キロ過ぎまで先頭集団に食らいつき、26位の好走を見せた。

 2区は全国初舞台となる中條茜(2年)。「緊張した。最初から早めのペースで入ったが、それでも抜かれてしまった」と悔しさをにじませた。下り坂でタイムを上げる作戦も「なかなかうまくいかなかった」と37位でたすきをつないだ。

 3区は同じく初の全国大会の羽賀友奏(2年)。「抑え気味で入ってしまい、出し切れなかった」と41位でたすきリレー。「都大路の独特な雰囲気に押された。来年また戻って必ずリベンジしたい」と唇をかんだ。

 4区は前回も同じ小林明日美(2年)が走った。前回より16秒タイムが上がったが「納得はしていない。新チームでは自分が引っ張り、目標を次こそ達成したい」と話した。

 5区も前回と同じ主将の五十嵐望来(3年)。「全国での借りを返そうと1年間やってきた。少しでも前との差を縮めようと走った」と振り返る。「3年間の集大成。強い気持ちを持って都大路に戻ってこられてよかった」と41位でフィニッシュした。


男子・中越記録

1区 山崎丞(2年)  30分21秒 (28) (28)

2区 品田滉人(2年)  8分33秒 (28) (32)

3区 小山一太(2年) 24分44秒 (23) (29)

4区 鈴木孔士(2年) 24分19秒 (32) (32)

5区 古川鼓太朗(2年) 9分 8秒 (26) (31)

6区 遠藤凜(3年)  14分54秒 (19) (31)

7区 黒谷優(2年)  14分54秒 (24) (31)

全体               2時間6分53秒

 ※距離は1区=10キロ、2区=3キロ、3区=8.1075キロ、4区=8.0875キロ、5区=3キロ、6区=5キロ、7区=5キロ

女子・新潟明訓記録

1区 武田芽依(3年) 20分35秒 (26) (26)

2区 中條茜(2年)  14分48秒 (43) (37)

3区 羽賀友奏(2年) 10分58秒 (40) (41)

4区 小林明日美(2年)10分28秒 (43) (41)

5区 五十嵐望来(3年)18分 7秒 (42) (41)

全体              1時間14分56秒

 ※距離は1区=6キロ、2区=4.0975キロ、3区=3キロ、4区=3キロ、5区=5キロ

 ※男女ともに丸囲み数字は区間順位、カッコ内数字はチーム順位

あわせて読みたい

注目の特集