全国高校駅伝

男子・佐久長聖、悔しい5位 女子・長野東、入賞逃す /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子の5位でフィニッシュする佐久長聖の長屋匡起=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影 拡大
男子の5位でフィニッシュする佐久長聖の長屋匡起=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山崎一輝撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が20日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都を発着点とするコースであった。男子(7区間42・195キロ)は、佐久長聖が5位(2時間2分30秒)で8年連続入賞を果たした。女子(5区間21・0975キロ)は長野東が20位(1時間11分2秒)で、入賞は今年もならなかった。【皆川真仁】

 ◆男子

一時は2位、届かず

 県大会で大会新記録を樹立し、3年ぶりの優勝が期待された佐久長聖。序盤から優勝圏内でレースを進めたが、後半区間で伸び悩み、悔しさの残る5位入賞となった。

 男女ともスタート時の「密」を避け、インスタートとアウトスタートの2カ所に分かれて出走した。最長区間の1区に起用されたのは主将の伊藤(3年)。11月に5000メートルで日本人高校歴代2位のタイムをマークし、万全の状態で最後の都大路を迎えた。

 昨年の3区では消極的な走りで区間18位に沈んだが、今年は終始上位でレースを展開。区間賞こそならなかったが区間5位で流れをつくり「集大成としてのレースはできた」と晴れやかだった。卒業後は駅伝の強豪・早稲田大に進学予定。「3年間の駅伝で学んだことを生かしていきたい」と意気込んだ。

 2区の村尾(2年)が「2年生を代表しているという気持ちでレースに臨めた」と区間賞の好走で2位に押し上げ、たすきは3区の越(3年)へ。昨年チーム唯一の区間賞を獲得し、今年は伊藤とともにダブルエースを担ってきた越。「練習や数少ない大会で結果を出してチームを活気づけることを重視してきた」との言葉通り、県大会でも区間新記録をマークした。

 この日は「体が動かなくて焦った」と序盤はリズムに乗れなかったが、中盤以降は立て直した。「絶対に引けない」と終盤の競り合いを制し、3位でたすき渡し。留学生も走る区間で、優勝の望みをつなぐ力走を見せた。

 続く4区で期待のルーキー吉岡(1年)がトップの世羅(広島)と33秒差の2位としたが、後半区間は失速。5区・古旗(3年)、6区・植松(3年)、7区・長屋(1年)と各区間で一つずつ順位を落とし、追撃はならなかった。

 この日3位の洛南(京都)が2時間2分7秒で、2008年に佐久長聖が樹立した日本高校最高記録を更新。伊藤主将は「先輩たちが築いた伝統やプライドを更新されたのは悔しい」と語り、「後輩たちには日本高校最高記録を一つの目標として来年は取り組んでほしい」とリベンジを託した。

期待通りの1年生

 〇…5000メートルで日本人高校1年生歴代最速タイムを持つ吉岡が期待通りの快走を見せ、長距離区間の4区で区間賞を獲得した。入学直後は両膝の故障に悩まされたが、前向きに体づくりに取り組み、走力を伸ばした。佐久長聖では負担軽減のため、1年生は長距離区間を走らないのが通例。それでも「歴代でもトップレベルの競技力と人間性(を備えている)」と高見沢監督は起用を決めた。長野市立川中島中時代からの先輩である越からたすきを受けると、有力校のランナーとの競り合いを制した。1年生での快挙にも「区間賞は最低限。もっとメンタル面を強化したい」とさらに上を見据えていた。

女子の20位でフィニッシュする長野東の宮沢実亜=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影 拡大
女子の20位でフィニッシュする長野東の宮沢実亜=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

 ◆女子

序盤の流れ作れず20位

 入賞返り咲きを目指した長野東は、1、2区で流れをつくるレースプランを実現できず、20位に終わった。

 1年生ながら「花の1区」に抜てきされた村岡。中学3年時に伸び悩んだ悔しさをバネに、高校入学後に急成長した。3000メートルの自己ベストを昨年から40秒以上縮め、晴れ舞台に臨んだ。

 「(先頭に)ついていくとオーバーペースになる」と第2集団で冷静にレースを進めると、終盤は得意の上りで粘りを見せた。区間5位の好走で期待に応えたが「力の差を感じた。得意の上りを、絶対に全国でも誰にも負けない長所にしていきたい」と来年へさらなる飛躍を誓った。

 村岡からたすきを受けた、大黒柱で主将の五味は、メンバー唯一の3年生かつ都大路経験者。アンカーを務めた昨年は9位で入賞を逃し「昨年の思いを背負いながら、全力で駆け抜けたい」と意気込んでいた。入賞へ向けて攻めの走りを意識して出走したが、思うようにスピードに乗れず、順位を11位落とす16位に。「自分が流れを切ってしまった。後輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱい」と声を詰まらせた。

 3区で仁科(1年)が区間5位タイの好走で二つ順位を上げたが、4区で佐藤悠(1年)が一つ落とし、15位でアンカーの宮沢(2年)へ。

 宮沢は入賞の目標に向けて懸命の走りを見せたが、20位に。「抜かされた時に粘り強さがなかった」と悔しさをかみしめた。最上級生となる来年へ向けて「自分が悔しさを伝えて、来年はこの地に戻ってきて絶対に8位入賞をする」と再起を誓った。

あわせて読みたい

注目の特集