全国高校駅伝

男子・佐久長聖、悔しい5位 女子・長野東、入賞逃す 監督の話 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

記録抜かれ悔しい 佐久長聖・高見沢勝監督

 選手たちは全員、設定以上の走りをしてくれたので、相手が予想以上に強かったということだ。日本高校最高記録を洛南に抜かれてしまったのが非常に悔しい。これからは、そこ(最高記録更新)を求めて頑張っていきたい。

1年生に希望託す 長野東・横打史雄監督

 (自らが初めての都大路で)指導者として経験不足。何かを変えないと、この状況では力がつかない。村岡は想像以上の走りをしてくれた。1年生が希望を見せてくれたので、また一から出直してくる。

あわせて読みたい

注目の特集