全国高校駅伝

男子、四日市工25位 女子、津商45位 両監督の話 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

粘り強さ発揮 四日市工・松尾政臣監督

 前半で思うように流れに乗れず苦しんだが、4区・小林主将から追い上げ、7区・竹野がトラックで西京に胸の差1枚で競り勝つことができた。これまで大切にしてきた粘り強さを発揮してくれた。

大きな財産に 津商・前田健監督

 県予選から約6週間で、全国に向けて調整するのが難しかった。45位という順位は自分の指導力不足。選手たちは勝負の厳しさを感じることができ、大きな財産になったと思う。

〔三重版〕

あわせて読みたい

注目の特集