メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

智弁和歌山健闘 女子34位/男子40位 監督の話 /和歌山

[PR]

来年リベンジを 山本宜史監督

 男子は1区の下津が予想よりよく走った。他のメンバーも差が開いて前が見えないような状況で、昨年に近いタイムで走り切った。3年生2人が抜けるが、メリハリのある練習を続けて来年リベンジしたい。

 女子は3年生2人が区間20位台とよく頑張った。目標には届かなかったが、20位台が見えるぐらいの位置で走れた。1、2年生はこの経験をバネに来年も頑張ってほしい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです