全国高校駅伝

男子・倉敷4位 女子・興譲館10位 両監督・主将の話 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

総合力が光った 倉敷・新雅弘監督

 ここ6年で一番弱いチームがよく健闘した。ここまで行くとは思っていなかった。個々人ではいろいろと反省点はあるが、全体的にはよくやった。総合力が光った。悔しさを来年につなげてくれれば。

後輩に思い託す 倉敷・矢萩一揮副主将

 南坂や長塩がいい位置でたすきを渡してくれ、自分も続かなければいけなかったがチームに貢献できず、申し訳なさしかない。後輩たちには後悔がないように、(来年に)結果が出せるような練習をしてほしい。

戦力を整えたい 興譲館・藤井裕也監督

 1年生の西本に1区を任せて重荷を背負わせてしまった。流れができず、全体的に動きがよくなかった。1、2年生が多く残るので、悔しさを絶対に忘れず、来年は日本一を取る戦力を整えたい。

力不足で悔しい 興譲館・谷口萌優主将

 調整はうまくいったので入賞は狙えるかと思っていたが、力不足で悔しい。後輩たちには気持ちを切り替えて来年は日本一を取れるよう強い気持ちで練習に取り組んでほしい。

あわせて読みたい

注目の特集