全国高校駅伝

世羅男女、奪冠 笑顔輝く 同時優勝5年ぶり 新宅昭二監督、中川久枝監督の話 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

重圧バネに好走 男子・新宅昭二監督

 女子が優勝しプレッシャーはあったが、選手が頑張ってくれた。特に1区がよく流れを作ってくれた。5年前と比べると力は劣るが、その先輩たちに匹敵するタイムで優勝してくれたことがうれしい。

全員が実力発揮 女子・中川久枝監督

 テレシアにたすきが渡った瞬間に、いけると思った。落ち着いて走ってくれた。1~4区もよくつないでくれた。(コロナ禍は)自分で考えて走ることを問われる時期だったが、みんなしっかり取り組んでくれた。

あわせて読みたい

注目の特集