メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

男子、つるぎ45位 女子、富岡東43位 /徳島

男子の45位でフィニッシュするつるぎの香西祐一朗=たけびしスタジアム京都で、山崎一輝撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に開かれた。男女各47校が出場し、県代表のつるぎ(男子)は2時間11分59秒で45位、富岡東(女子)は1時間16分25秒で43位だった。選手達は、師走の都大路を全力で駆け抜けた。【国本ようこ】

 ◆男子 つるぎ45位

笑顔でたすきつなぐ

 つるぎは1区のエース・和田(3年)が「ついていけなかった」と悔やむが、諦めずに前を追い、39位でつなげた。2区で松谷(2年)は前後と離れペース配分に苦しんだが、区間34位の力走。3区の北村(同)は2キロ過ぎからペースが下がり、順位を落とした。4区の國安(1年)は「自分で追いつく」と粘るも、最下位で中継。5区の山本(3年)は「最善を尽くそう」と順位を一つ上げた。1カ月前に膝を痛めるも、調整し出場した6区の笠井(同)は「行ってこい」と笑顔でたすきをアンカーの香西(同)へ。香西は1人抜いてフィニッシュした。高知中央の失格で、記録は45位となった。

 ◆女子 富岡東43位

気持ち切らさず力走

女子の43位でフィニッシュする富岡東の戎井真優=たけびしスタジアム京都で、山田尚弘撮影

 富岡東は、エースの辻田(2年)が疲労骨折で出場を断念。1区を任された主将の久龍(3年)は、坂に苦しみながらも45位でつないだ。2区の西内(2年)は「下りをあまり生かせなかった」、3区の谷(同)も「離されてしまった」と悔しがったが、つないだ順位をキープ。4区の治尾(1年)は「前に食らいつく気持ちで走った」と区間36位の走りで順位を一つ上げた。アンカーの戎井真は、秋田北鷹とのデッドヒートを制した。「気持ちを切らさず、ラストスパートをかけて走り切れた」と43位でフィニッシュした。

最初で最後 チーム支え 富岡東3年 久龍主将、戎井選手

全国大会に向け走り込む久龍未空(右)、戎井真優両選手=徳島県阿南市領家町の富岡東高で、国本ようこ撮影

 富岡東では例年、大学受験のため夏で部活動を引退する3年生が少なくないが、今年は続ける選手が多かった。メンバー入りした戎井真優と主将の久龍未空も練習の日々を重ね、大舞台を迎えた。

 戎井は「入部したときから駅伝を目指していたが、コロナで大会が無くなるのでは、と不安だった」と振り返る。「でも、『絶対に駅伝はある』と信じて練習した」。県予選後は走り込む距離を増やし、12月上旬の記録会では3000メートル走の自己記録を9秒縮めた。

 久龍は来年1月に受験予定だが「少しでも長くみんなと部活をしたかったので、夏での引退は考えなかった」。メンバー入りの保証はなかったが、受験勉強と練習を両立。10月には3000メートルで自己記録を更新した。

 最初で最後となった都大路。他メンバーの欠場もあり、2人は県予選と異なる区を担当したが、落ち着いた走りでチームを引っ張った。外山監督は「しっかりチームを支えてくれた」とたたえる。久龍は「1、2年生の走りに感動した。来年も全国を目指してほしい」と思いを後輩に託した。【国本ようこ】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです