メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

一秒でも速く 高知中央、楽しみ抜いた都大路 山田、36位 思いをつないで 両監督、主将の話 /高知

[PR]

グレの走り見事 高知中央・野尻育男監督

 1区の出遅れが全て。グレは駅伝経験がほとんどなく失格になってしまったが、あの区間を24分7秒で走るのは相当なもの。3年生にはこの経験を生かして次の舞台で頑張ってほしい。

気持ち最後まで 高知中央・永田政也主将

 失格となり、目標タイムにも届かず悔しい結果。それぞれのレースプランが甘く、精神的な弱さがあった。ただ、駅伝にはいろんな思いがあり、苦しい中でも最後まで頑張れたと思う。

展開は予想通り 山田・永田克久監督

 1、2区が10位台で渡してどれだけ粘れるかの予想通りの展開。数字は物足りなかったがよく頑張った。全国を初めて走った選手が多かった割に健闘したし、来年に向けていい経験になった。

来年へ向け改善 山田・尾崎光主将

 まだまだ上に行けると感じた。もっと走れたつもりでいたのでタイムを見て落胆した。今年初めて走った人もいる中でそれぞれ改善点を見つけられたと思うので来年に向けて改善していきたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです