メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

大分東明 男子、入賞9秒差9位 女子、健闘見せた22位 監督の話 /大分

[PR]

将来性を感じる 選手は頑張った 大分東明・井上浩監督

 男子は入賞まであと9秒差の接戦だった。エースがそろう1区はプレッシャーで遅れたが、3区で入賞圏内に入ったところまではプラン通りだった。悔しい9位だが最後まで諦めない走りができて胸を張れる。選手はよく頑張ってくれた。女子は1区後半で順位を落としたが、上位の背中が見えていたので、2区以降が走りやすかった。1年生2人が9人抜きという将来性を感じさせる結果を出してくれた。最後まで元気に東明らしい走りを見せてくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです