全国高校駅伝

大分東明 男子、入賞9秒差9位 女子、健闘見せた22位 監督の話 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

将来性を感じる 選手は頑張った 大分東明・井上浩監督

 男子は入賞まであと9秒差の接戦だった。エースがそろう1区はプレッシャーで遅れたが、3区で入賞圏内に入ったところまではプラン通りだった。悔しい9位だが最後まで諦めない走りができて胸を張れる。選手はよく頑張ってくれた。女子は1区後半で順位を落としたが、上位の背中が見えていたので、2区以降が走りやすかった。1年生2人が9人抜きという将来性を感じさせる結果を出してくれた。最後まで元気に東明らしい走りを見せてくれた。

あわせて読みたい

注目の特集