メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルVS

AI紡ぐ芸術、続々と

AIが脚本を書いた映画「とまと」の製作陣。左からプロデューサーの筒井龍平さん、監督の渡辺裕子さん、脚本家の多和田紘希さん=東京都渋谷区で2020年8月、松倉佑輔撮影

 人工知能(AI)が人間を超えられないと言われてきた芸術の領域で、新たな試みが生まれている。来春、AIが作った原作を基にした短編映画が日本で初めて公開される。テクノロジーは創作活動にどんな影響を与えるのか。最新の実態を取材すると、芸術家とAIの新たな関係が見えてきた。【松倉佑輔、ロンドン横山三加子】

映画 脚本共作、来年公開

 「とまと」という短編映画の脚本がある。「不登校の少年が、トマト栽培をきっかけに立ち直り、再び登校できるようになる」という、ありふれたストーリーだ。この脚本が普通と違うのは、AIが紡ぎ出した物語ということ。8月に映画化が決まった。新型コロナウイルスの感染拡大で撮影スケジュールは遅れているが、「日本初のAI映画」として、来年3月の映画祭での公開に向け準備が進んでいる。

 AIを作ったのは「Ales」(アレス、北海道函館市)というベンチャー企業。エンターテインメント業界にいた社長の藤井竜太郎さんが、元人工知能学会会長の松原仁はこだて未来大教授(現在は東大教授)とともに2018年に創業した。藤井さんは「たくさんの物語のアイデアをAIが作ることができれば、さまざまなコンテンツ産業に応用できる」と語る。

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文3308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです