メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

漫画家・矢口高雄さん=11月20日死去・81歳

=宮本明登撮影

故郷の農山村を描き続け 矢口高雄(やぐち・たかお)さん=膵臓(すいぞう)がんのため、11月20日死去・81歳

 駅前を走るバスに、ダイナミックな動きで表現された釣り少年「三平くん」がラッピングされている。スーパーに行けば、地元産野菜のパッケージにもプリントされ、街を歩けば、マンホールにまで笑顔の三平くんが登用されている。

 「釣りキチ三平」で知られる漫画家・矢口高雄氏が11月20日、81歳の生涯を閉じた。これほどまでに故郷・秋田に愛され、そして故郷の繁栄を願い続けた漫画家を私は知らない。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです