メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

キーコーヒー/中 「手軽においしく」を追求

 <since 1920>

 キーコーヒーは、ブルーの地と黄色いカギのイラストを組み合わせた都会的なブランドマークで知られている。このマークの原形を1928(昭和3)年に決めた創業者、柴田文次氏(1901~74年)は「コーヒーは日本人の新しい食文化の扉を開くカギだ」という思いを込めた。

 同社の前身は、文次氏が20(大正9)年、横浜市中区福富町に開いた「木村商店」。当時の横浜は西洋文化の窓口。翌年、甘みをつけた希釈飲料「コーヒーシロップ」を発売し一躍、ヒット商品に育てる。

 23年の関東大震災で家族と店を失い、45年の横浜大空襲で被害を受けたが、そのつど事業を立て直し、46年に本店機能を東京に移す。55年からは「コーヒー教室」を全国で展開。97年には、お湯を注ぐだけで本格的なコーヒーを味わえる「ドリップ オン」を発売するなど一貫して文化をリードしてきた。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです