メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

自主性学んだ小学校での課題=マルハニチロ社長・池見賢さん

池見賢さん

池見賢(いけみ・まさる)さん

 小学校は兵庫県尼崎市の公立校に通っていました。5、6年生の時の担任の先生から大きな影響を受けました。毎週、教科ごとにテーマが与えられ、5人くらいの班でそれを調べて「瓦版」にして発表しました。当時はインターネットもない時代。班のみんなで図書館に籠もり図鑑や教材を読みあさりました。

 理科で「水と土の温度変化の違い」というテーマを与えられた時には、自宅の庭で温度計を使って実験し、「岩石の成り立ち」の時は近くの山へ石を集めに行きました。ただ席に座ってぼんやり授業を受けているよりも楽しかった。受け身の姿勢ではなく、自主性や創造性の大切さを先生は教えたかったのだと思います。学級委員だった私は、いつも班を仕切っていて自然とリーダーシップが身に付きました。企業人となってからは資料やデー…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです