特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-菅井竜也八段 第23局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

うまくいかない

 菅井は図で[後]5六歩と早くも仕掛ける。稲葉は後手がまだ[後]7一玉型で薄いため突きづらいと思っていた。しかし、ここで仕掛けがあるならば図の[先]7九玉に代えて[先]5八金右のほうがよかったかもしれないと稲葉。

 菅井が[後]8二玉と入城すると稲葉は長考に沈んだ。角を取って攻め込めたら理想的だが工夫が必要。すぐに[先]2四飛と取ると[後]同歩[先]6五角[後]5三飛[先]4四角[後]同歩[先]2一角成に[後]4五歩で後手に反撃をくらう。

 稲葉は先に[先]2二歩を打つ順を考えた。しかし以下[後]3三桂[先]3四歩[後]4五桂[先]2四飛[後]同歩[先]3三歩成でと金は作れるが後手に桂を活用させてしまう。[先]2二歩に[後]3五銀とされても[先]2四飛[後]同歩[先]3五銀[後]同歩[先]2一歩成[後]2六飛打[先]3八銀に[後]5七歩で攻めがつながり、打った歩が邪魔になる可能性もあり見送った。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文731文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集