メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング 全日本選手権 五輪代表・文田V グレコ60キロ級

男子グレコローマン60キロ級決勝で鈴木(上)を攻める文田=代表撮影

 レスリングの全日本選手権最終日は20日、東京・駒沢体育館で計6階級が行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級は、来年の東京オリンピック代表の文田健一郎(ミキハウス)が旧階級を含めて2年ぶり3回目の優勝を果たした。72キロ級は高橋昭五(警視庁)が制した。

 男子フリースタイルは、86キロ級で五輪3大会連続出場を目指す高谷惣亮(ALSOK)が92キロ級に出場し、旧階級を含めて10年連続の優勝。57キロ級は高橋侑希(ALSOK)が頂点に立った。女子は53キロ級で17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)、65キロ級で森川美和(日体大)が優勝した。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです