全国高校駅伝

世羅 男子、冷静大差守る 女子、粘り逆転120点満点(その1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3区で先頭に立つ世羅のコスマス(右)。左は九州学院の田島=久保玲撮影 拡大
3区で先頭に立つ世羅のコスマス(右)。左は九州学院の田島=久保玲撮影

 世羅(広島)が男子は歴代10傑に4チームが入る高速レースを制し、女子は最終5区の大逆転劇で男女同時優勝を決めた。京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に20日行われた男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会。男女同時優勝は1993年、2019年の仙台育英(宮城)、15年の世羅に次ぎ4回目となった。

 優勝回数を歴代最多の10回に伸ばした男子は、歴代2位の好タイムをマーク。前回優勝の仙台育英が2位で、3位・洛南(京都)の2時間2分7秒は、08年の全国大会で佐久長聖(長野)がマークした2時間2分18秒を上回り、留学生を含まない高校最高記録となった。

 2回目の優勝を果たした女子も全国大会歴代8位のタイム。神村学園(鹿児島)が2位、連覇を狙った仙台育英が3位で、8位の学法石川(福島)が初入賞を果たした。(スタート時の気象▽女子=晴れ、気温9度、湿度67%、北の風1・2メートル▽男子=晴れ、気温9度、湿度61%、東の風1・1メートル)

男子レース経過

 世羅が3区でトップに立ち、そのまま逃げ切った。トップの九州学院と20秒差でたすきを受けた3区・コスマスが区間新の快走で首位に立ち、以降は1位を一度も譲らなかった。2位の仙台育英は5区・小原、6区・堀の連続区間賞などで後半に追い上げたが、最後は13秒届かなかった。3位の洛南は終始3位以内を保つ安定したレース運びを見せた。倉敷は3区・イマヌエルが区間4位の走りで流れをつかみ4位。佐久長聖は終盤に後退し5位だった。

クロカン鍛錬、脚力磨き 大会新、あと13秒

 トラックの最終コーナーを回ると、勝利を確信した世羅のアンカー・塩出が右手人さし指を突き上げた。2位の仙台育英・白井に激しく追い上げられる展開にも、「自分の走りをすれば勝てる」と冷静にペースを制御した。両腕を力強く広げ、歓喜のフィニッシュテープを切った。

 3区・コスマスの区間新の快走で2位に55秒の大差をつけてトップに立つと、後続の4選手も貯金を生かしてリードを保ち続けた。区間賞獲得はコスマスのみだったが、穴もない安定したレース運びが勝因。勝利に貢献したコスマスは、狙い通りの区間記録更新に「ハイペースを保てた。とてもうれしい」と喜んだ。

 世羅の強さを生んでいるのが、学校近くの自然に恵まれたクロスカントリーコースだ。アップダウンの激しい往復約5キロのコースを、週2回ほど走り込んで脚の筋力を養う。さらに未舗装の土手道を活用し、どんなコースにも対応できる力を身につけてきた。

 こうした練習を繰り返すことに加え、塩出は「今年は選手同士でタイムを意識し合い、力がついた」と明かす。今季、5000メートル13分台の選手は留学生を含めて4人。その一人である塩出をアンカーに温存できる選手層の厚さが実現した。

 出場50回目の節目に、大会最多を更新する10回目の優勝。ただ、チームが目標に掲げた大会記録の更新には13秒、及ばなかった。2年生の塩出は「来年こそ大会記録を更新して優勝したい」。都大路の主役を譲るつもりはない。【伝田賢史】

仙台育英、意地のギア 逆転狙うも連覇届かず

2位でフィニッシュする仙台育英の白井=山田尚弘撮影 拡大
2位でフィニッシュする仙台育英の白井=山田尚弘撮影

 「王者」の意地だった。第6中継所。仙台育英の7区・白井はトップと31秒差でたすきを受けるやいなや、トップギアに入れた。

 白井は5000メートルで13分58秒の自己ベストを持つが、トップの世羅・塩出は13分57秒。同等の力を持つ相手に対し、5キロで30秒差を詰めるのは並大抵のことではない。真名子圭監督も「正直ちょっと難しいかな、と思っていた」。最初の1キロ。時計を見ると2分32秒というハイペースだった。2・5キロ地点で約10秒も差を詰めた。

 世羅の緑ウエアが徐々に大きくなるが、そこからが遠い。「疲れて3キロを過ぎてペースが落ちた」。世羅の背中を捉えられなかったが、区間歴代3位の快走だ。真名子監督は「普通なら2位でしのぐ場面。うちの強さを見せてくれた」と涙を流した。

 新型コロナウイルスの影響で、春先に各選手が実家に帰省。活動再開後も練習時間は限定され、記録会や大会の中止も相次いだ。「いろんな人の支えがあった。最低限の姿は見せられたかな」と白井。合計タイムは堂々の歴代6位。どんな逆境にも決して屈しない――。最後まで「王者のメンタリティー」を貫いてみせた。【大東祐紀】

高知中央、たすき途切れ 3区、受け渡しミスで失格

力走する高知中央の松村=山崎一輝撮影 拡大
力走する高知中央の松村=山崎一輝撮影

 初の都大路は思わぬ幕切れとなった。たすき受け渡しの規則違反で失格になった高知中央。コロナ禍も絡み、野尻育男監督は「浮足立ち、悪い結果になる予感が少しはあった」と悔しがった。

 違反があったのは第2中継所。3区の1年生留学生・グレが45番目で来たチームメートからたすきを受ける際、足が中継線から2区側に出ていたという。大会事務局によると「たすきを受け取る走者は前走者の区域に入ってはならない」などと規定されている。

 ケニア出身のグレはコロナの影響で出国できなくなり、来日が当初予定の春から10月中旬にずれ込んだ。その後も2週間は隔離期間で登校できず、全体練習に参加できたのは県予選前日。予選はぶっつけ本番ながら3区区間新の走りで初の都大路出場に貢献したが、その後の四国地区大会は中止になり「駅伝経験がなさ過ぎた」と野尻監督は言う。責任感の強いグレの性格にも触れ「あれだけ後ろだったので、焦ってたすきをもらいに行ったんだと思う」とおもんぱかった。【北村栞、野村和史】

ラスト振り切り1区制す 鶴川正也 九州学院・3年

1区終盤で先頭に立ち、たすきを手に中継所に向かう九州学院の鶴川=久保玲撮影 拡大
1区終盤で先頭に立ち、たすきを手に中継所に向かう九州学院の鶴川=久保玲撮影

 それまで9キロ以上を走ったと思えない強烈なスパートだった。残り300メートル付近、一騎打ちだった浜松商・尾崎を一気に突き放す。「全力疾走した」。幾多の名ランナーが駆け抜けた都大路の「花の1区」を制した。

 5000メートルの高校日本記録を持つ東農大二・石田が序盤から飛び出した。「いつのまにか石田が前にいて、『あっ、やべえ』と思った」と笑って振り返る。それでも石田が飛ばしすぎと瞬時に判断し、無理に追わずに体力を温存した。その通りにライバルのペースが落ち、先頭争いへ。「ラストは自信があった」。昨年は同じ1区で仕掛けどころを誤り、区間3位。「去年が終わった瞬間から1区をもう一回走りたいと努力してきた」。失敗を大舞台で生かした。

 狙っていたのは昨年、千葉・八千代松陰の佐藤一世(現・青学大)が出した28分48秒の日本選手1区最高記録。わずか8秒届かなかった。「これで(都大路も)終わりなので少し悔いは残るが、来年から大学で駅伝をするので大記録を出せたらいい」。進学先は佐藤と同じ青学大の予定。地元・熊本から次の道に突き進む。【新井隆一】

あわせて読みたい

注目の特集