国家公務員の定員、42年ぶり増 21年度、デジタル庁新設やコロナ対応

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影

 政府は21日の閣議で、2021年度の国家公務員の定員について、20年度比399人増の30万2449人とすることを決定した。主な増員は、21年9月の発足を目指すデジタル庁の新設や新型コロナウイルス対応に伴うもので、定員増加は1979年度以来42年ぶり。内閣府の日本学術会議事務局の定員(50人)はその…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集