「菅色」にコロナ…予算膨らむ一方 税収大幅減、医療費負担上げでも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議に臨む菅義偉首相(右から2人目)=首相官邸で2020年12月21日午前9時59分、竹内幹撮影
閣議に臨む菅義偉首相(右から2人目)=首相官邸で2020年12月21日午前9時59分、竹内幹撮影

 菅義偉首相にとって初となる2021年度当初予算案は異例ずくめの編成作業をたどった。「菅カラー」の打ち出しに腐心したが、新型コロナウイルス禍で歳出拡大圧力は強まり続け、補正予算と連動した「15カ月予算」は肥大化した。時限的な政策の財源を手当てする補正と違い、当初予算は暮らしやビジネス活動に直結する国家の絵姿。コロナ後の日本経済の起爆剤となるか、それとも将来に禍根を残す結果を招くのか。

 加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、2021年度当初予算案の狙いについて「新型コロナウイルスの感染拡大の防止に万全の対応を行うとともに、次の成長の原動力となるグリーン社会の実現、デジタル化を着実に推進する予算としている」と語った。

 当初予算案は「菅カラ…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1373文字)

あわせて読みたい

注目の特集