特集

鶏卵汚職

大臣在任中に賄賂として現金を受け取ったとして、吉川貴盛元農相らが在宅起訴されました。背景を探ります。

特集一覧

吉川元農相本格捜査へ 鶏卵大手が要望、動物福祉に沿う飼育基準反対させる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉川貴盛氏=玉城達郎撮影
吉川貴盛氏=玉城達郎撮影

 大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表(87)が、自民党衆院議員の吉川貴盛元農相(70)=北海道2区=の在任中に現金を提供したとされる疑惑で、元代表が養鶏の飼育方法の国際基準案づくりを巡って、農相だった吉川氏に要望を伝え、実現させていたことが関係者への取材で判明した。東京地検特捜部は、こうした経緯について、吉川氏本人からも詳しく事情を聴く考えで、本格捜査に乗り出す方針とみられる。

 吉川氏は21日、自身の健康状態を理由に議員辞職すると発表した。

 関係者によると、日本も加盟する国際獣疫事務局(OIE)は2017年、家畜をストレスのない状態で飼育する「アニマルウェルフェア(AW、動物福祉)」に沿った養鶏の国際基準づくりの検討を始め、18年9月に鶏の飼育に巣箱や止まり木の設置を義務づける案を加盟国に提示した。しかし、日本の養鶏業者は…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1045文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【鶏卵汚職】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集