メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ「けいおん!」モデルの豊郷小学校旧校舎群でイルミネーション 滋賀

昔話「ウサギとカメ」をモチーフにしたオブジェなどで彩られた豊郷小学校旧校舎群=豊郷町石畑で2020年12月9日午後5時34分、礒野健一撮影

[PR]

 国の登録有形文化財「豊郷小学校旧校舎群」(滋賀県豊郷町石畑)が、LEDライト約2万5000個のイルミネーションに彩られている。27日まで。

約2万5000個のLEDライトで彩られた豊郷小学校旧校舎群=豊郷町石畑で2020年12月9日午後5時48分、礒野健一撮影

 旧校舎群は米国出身の建築家、ウイリアム・メレル・ヴォーリズの設計で1937年に建てられ、建築当時は「東洋一の小学校」と賞された。2009年に放送された、軽音楽部の女子高生の日常を描いたアニメ「けいおん!」(京都アニメーション制作)に登場する校舎のモデルとされ、今もファンが「聖地」として親しんでいる。

 イルミネーションには、「けいおん!」の劇中でも描写された、昔話「ウサギとカメ」をモチーフにした階段手すりのオブジェや、楽器や音符を模したものもあり、来場者を楽しませている。

 点灯は午後5~10時。観覧無料。町観光協会の担当者は「今年は新型コロナウイルスで明るい話題が少ない1年だったが、イルミネーションは密にならず見ることができるので、ゆったり楽しんでほしい」と呼び掛けている。【礒野健一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです