落語家、林家こん平さん死去 77歳 笑点での「チャラーン」で人気

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
落語家の林家こん平さん=東京都新宿区で2016年11月27日、中村藍撮影
落語家の林家こん平さん=東京都新宿区で2016年11月27日、中村藍撮影

 「1、2、3、チャラーン。こん平でーす」の名調子で、人気テレビ番組「笑点」のレギュラーとして活躍した落語家、林家こん平(はやしや・こんぺい、本名・笠井光男=かさい・みつお)さんが17日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため亡くなった。77歳。葬儀は近親者のみで営んだ。後日お別れの会を開く予定。

 新潟県千谷沢(ちやざわ)村(現長岡市)生まれ。1958年、初代林家三平に入門し、72年に真打ちに昇進。80年、師匠が54歳で急逝し一門消滅も危ぶまれたが、三平の妻、海老名香葉子さ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

ニュース特集