メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

三平さんの明るさ引き継ぎ弟子育て 林家こん平さんをしのぶ

落語家の林家こん平さん=東京都新宿区で2016年11月27日、中村藍撮影

[PR]

 東京・根岸の「ねぎし三平堂」は初代林家三平記念館(現在は新型コロナで休館中)。9歳で父親と別れた4きょうだいの末っ子、二代目三平さんが「(遺品を)捨てないで」と訴え、貴重な品が残されている。

 その中に古くなった一通の手紙がある。冒頭の部分を紹介すると……。

 林家三平さん

 突然このような手紙を差し上げまして誠に恐縮に思いますが、私は落語家になろう! そして落語家で身をたてたいと毎日父の霊前でその実現を夢見ながら祈っている新潟縣人で中学三年笠井光男と云う三平さんの大ファンの一人であります。

 封筒には1957(昭和32)年12月10日の消印があるから63年も前。巨人に長嶋茂雄選手が入団し活躍する前年の冬のことだ。

 封筒の裏には、「新潟縣刈羽郡小国町千谷沢村(ちやざわむら) 笠井光男」と、14歳とは思えないしっかりした大人の文字で書かれている。この後、手紙で「僕は仮装が好きで……」と自分をアピール。仮装大会で女装した写真、もちろんモノクロの1枚も同封されていた。

元日の朝、もう仕事に出た弟子もいて、これでも3分の1だが、林家一門が年始のあいさつに集合。こん平さん(前列中央)も元気な顔を出した=東京・根岸の海老名家で2008年1月1日、油井雅和撮影

 この笠井少年こそ、「笑点」の「チャラーン」でおなじみ、林家こん平さん。笑点で「ちゃーざーむら」と叫んでいたふるさとは現在は長岡市になった。

     ■

 当時、先代の三平さんはまだ弟子を取れない二つ目だったが、すでにラジオ、テレビで人気者。翌58年、三平さんは真打ちになり、中学を卒業したこん平さんは入門を許される。兄弟子の林家珍平さんが俳優に転向(後に大川橋蔵さん主演「銭形平次」などで活躍)したため、筆頭弟子となり、65年、日本テレビ「金曜夜席」に抜てき。66年には後継番組の「笑点」大喜利メンバーに。売れっ子の師匠の背中を見て、自分も活躍するようになった。まだ20代前半だった。

 80年、師匠・三平さんが54歳の若さで亡くなる。真打ち昇進前の若手は、師匠が亡くなると他の師匠を探さないといけない。こん平さんは72年に真打ちに昇進したが、その当時はまだ30代。若き真打ちに師匠の後を束ねさせるには荷が重すぎる、という声もあった。このままでは弟子たちはバラバラになってしまうかもしれない。一門の危機だった。

 当時の落語協会会長は五代目柳家小さん師匠。こん平さんは三平さんの妻、海老名香葉子さんと、小さん会長に一門を残せるようお願いに出向き、小さん会長は、こん平さんが一門を引き継ぐことを了承する。

     ■

 それから40年。おかみさんと、こん平さんは一門を守ってきた。こん平さんは三平さんの明るさと笑いを引き継いできた。三平さんの直弟子もみんな、師匠の亡くなった年を超えた。78年に三平さんに入門した当時のこぶ平さんは九代目林家正蔵を襲名し、現在は落語協会の副会長。9歳だった海老名泰助(たいすけ)さんは二代目三平となり50歳になった。正蔵さんの長男、次男も落語家の道を歩み始め、二代目三平さんも弟子を取った。林家一門が大所帯なのは昔も今も変わらない。

 いつしか「チャラーン」が笑点の「お約束」にまでなったこん平さんは、2004年に体調を崩し、以降、闘病生活が続いた。笑点は弟子のたい平さんが引き継ぎ、同じく弟子のぼたんさんは笑点のアシスタントとして番組を支えた。一門会に顔を出せる時は、一門、お客さんと一緒で、あの「チャラーン」を見せてくれた。今月中旬の浅草演芸ホールの夜席は正蔵さんがトリ。ちょうどぼたんさんの「辰巳の辻占」を見ながら、こん平さんお元気かなと、ふと浮かんだばかりだった。

 体調を崩すずいぶん前、こん平さんは、酒の力もあったのだろう、自分は三平になりたい、でもそれはできないと泣いたことがあった、と先輩記者から聞いたことがある。14歳で手紙をしたためた時から、こん平さんは三平さんが大好きで、目標でもあった。三平は継がなかったけれど、一門を守り、笑点で人気者になり、こん平という名を大きな名前に育てた。

 あちらではまた、座布団運びからかもしれないけれど、立川談志さんも、いずれも先代の三波伸介さんに三遊亭円楽さんも、桂歌丸さんも待っている。あの明るさと「こん平でーす」の大声は、たい平さんがこちらでは引き継いでいるので、たい平さんのご両親とともに、一門を、そして笑点を見守っていただきたい。【油井雅和】

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです