特集

おとなの週末

覆面取材で見つけた旨いお店の情報を掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』公式サイト(講談社ビーシー)からの提供記事を掲載しています。

特集一覧

おとなの週末

蒲田にある酒を呑み〆に蕎麦を食べるお店♪季節野菜の小鉢など日本酒に合う逸品揃い☆

情報提供おとなの週末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

大きなコの字カウンターがある店内は、蕎麦屋というより酒場の趣。まずは蕎麦店と和食店での経験を持つ店主による、繊細な味わいのつまみをいただきたい。

酒呑蕎食〆 TAGURU(最寄駅:蒲田駅)

和食と蕎麦の経験が光る気鋭の蕎麦酒場

水を一切使わず赤味噌と酒で煮込む鴨の「煮込み」や、季節野菜の小鉢などを日本酒と合わせれば、まさに至福。〆はもちろん蕎麦。毎朝店内の石臼でじっくりと挽いた香りが抜群の十割だ。細くてしなやかながら食感はもっちり。ここで店先の貼り紙を思い出す。「酒を呑み〆に蕎麦を食べる酒場です」。その言葉に偽りはない。

季節の野菜3種盛り(さつま芋の甘露煮、柿と春菊白和え、味噌きのこ)、鴨つくね焼き、煮込み、利き酒3種

825円、715円、605円、1320円 62999171530a9de7a054c2dc669b03f5 つくねは鴨肉100%。オイスターソース入り特製ソースと相まって、後引く旨さ。3種盛りの野菜もゴロッとカットされ食べ応えあり。盛り合わせは数種から選択

野菜の天ぷら3種(さつま芋、れんこん、なす)、えびのかき揚げ

825円、550円 f08610897c1615f4505a2964735c9a30 さっくり揚げられた衣とエビのプリッとした食感の違いが魅力。季節モノが揃う野菜はJAの直売所で仕入れ

もりそば

880円 d72d253ab1a5948af56190b72d8fa570 かえしに複雑な旨みが楽しめる亀節(鰹節の一種)を使用

お店からの一言

66af2f25c8e1aef1c2a738f839fe0ab9 店主 田中和外さん、女将 田中ひとみさん 「神奈川の13蔵の日本酒を直送。6蔵は必ず置いています」

酒呑蕎食〆 TAGURUの店舗情報

145d7f2d2bd0a6e305e71b48600d803f [住所]東京都大田区蒲田5-3-7 司ビル1B [TEL]070-4002-0713 [営業時間]18時~24時(入店は23時まで) [休日]月、火不定休 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩3分

電話番号 070-4002-0713
撮影/小島 昇 取材/市村幸妙 2019年12月号発売時点の情報です。

関連記事

泰明庵(そば/銀座)|絶品の刺身と天ぷら、名蕎麦酒場はここにあり

手打そば わたる|酒呑みにはキラリと光る佳肴の数々兄弟が切り盛りする“蕎麦居酒屋”(そば/神保町)

ら すとらあだ(そば/中野坂上)|看板のない小さな蕎麦店

【閉店】料理人 江川|季節の美味や工夫を凝らした料理で旨い純米酒を飲る(そば/本郷三丁目)

はたり(そば/新富町)のグルメ取材記事

あわせて読みたい

注目の特集