連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

悲しみとともに生きる=小国綾子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入江杏さん編著の「悲しみとともにどう生きるか」。帯には批評家の若松英輔さんの言葉が記されている=鈴木拓也撮影
入江杏さん編著の「悲しみとともにどう生きるか」。帯には批評家の若松英輔さんの言葉が記されている=鈴木拓也撮影

 2020年最後のコラムでは、1冊の本を紹介したい。「悲しみとともにどう生きるか」。20年前の「世田谷一家殺害事件」で妹一家4人を失った入江杏さん(63)が11月に出版した。

 入江さんは06年以降、毎年12月に追悼の集い「ミシュカの森」を開いてきた。「ミシュカ」は事件で命を亡くした当時8歳のめいと6歳のおいの大切な子グマのぬいぐるみの名前だ。

 集いで行われた対談や講演録をまとめたのが本書だ。ゲストとして招かれたノンフィクション作家の柳田邦男さんや小説家の星野智幸さん、平野啓一郎さんらが「悲しみ」について語っている。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文934文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集