メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

なにコレ!? オンライン開催の慶応大・三田祭 CG駆使、演出で魅了

燃えさかる炎の演出とダンスが一体化した「Revolve」のステージ=公演映像より

 今年の学園祭は、新型コロナウイルスの影響で、軒並み中止かオンライン開催となった。前代未聞の状況下で、“学祭”に情熱を燃やす学生たちはどう行動したのか。11月22、23日に行われた慶応大学の「三田祭」は、近年では約20万人の来場者数を誇った国内最大規模の学園祭だ。今回、史上初のオンライン開催となった第62回三田祭で、「画面越しに見て楽しめる学園祭」を追求した目玉企画を取材した。【東洋大・荻野しずく】

 23日午後、三田祭公式サイトの特設ステージをクリックすると、真っ黒な画面上に浮かび上がったのは「次世代の文化祭を存分にご堪能ください」とのメッセージ。それから約20分間、デジタル演出と融合した、学生たちによるパフォーマンスが画面の向こう側で繰り広げられた。これが「かつての学園祭の常識を覆す公演」と銘打たれた三田祭の注目企画、「Project LEMIT(レミット)」だ。

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文2070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです