メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

原発事故とコロナ=岸川弘明 /北海道

 「多くの人々が目に見えない放射能の恐怖の中でいかに苦しみ避難したか、想像力を持って理解してください」。2011年3月の東京電力福島第1原発事故で道内へ避難した人が国と東電に損害賠償を求める訴訟。今月4日、札幌高裁で始まった控訴審で意見陳述した原告団長、中手聖一さん(59)の言葉には熱がこもっていた。

 福島市から避難し、妻子と共に札幌市に定住。訪問介護事業所を営み、働き口が定まらない避難者の受け皿作りにも努めてきた。事故から10年の歳月が流れようとしている今、心配しているのは収束の見通しが立たない新型コロナウイルスだ。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです