モ~いくつ寝ると… 石清水八幡宮で迎春準備 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
牛の縁起物を前に、御神矢を点検するみこたち=京都府八幡市の石清水八幡宮で、鈴木健太郎撮影
牛の縁起物を前に、御神矢を点検するみこたち=京都府八幡市の石清水八幡宮で、鈴木健太郎撮影

 石清水八幡宮(八幡市八幡)で、御神矢(ごしんや)や2021年のえと「丑(うし)」にちなんだ牛の縁起物などを用意する迎春準備が進んでいる。社務所書院では、はかま姿のみこ2人が御神矢に旗を結びつけたり、牛の置物を点検したりした。作業は大みそかまで続く。

 弓矢と武運の神とされる誉田別命(ほんだわけのみこと)をまつる同宮は、祭神の御霊(みたま)を入れたという御神矢を厄除(やくよ)けのお守りとして授与する。鎌倉時代の元…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集