特集

鶏卵汚職

大臣在任中に賄賂として現金を受け取ったとして、吉川貴盛元農相らが在宅起訴されました。背景を探ります。

特集一覧

特捜部、吉川氏本人から聴取へ 現金授受疑惑で議員辞職 官房長官「政治家には説明責任」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉川貴盛氏=玉城達郎撮影
吉川貴盛氏=玉城達郎撮影

 自民党の吉川貴盛元農相(70)は22日、大島理森衆院議長あてに議員辞職願を提出した。国会閉会中のため、大島氏が同日許可した。吉川氏は辞職理由を体調不良としているが、大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表から農相在任中に現金計500万円の提供を受けた疑惑が取り沙汰されており、菅義偉首相の政権運営に影響しそうだ。

 現金提供疑惑に関連し、元代表が養鶏の飼育方法の国際基準案づくりを巡って、農相だった吉川氏に要望を伝え、実現させていたことが関係者への取材で判明。東京地検特捜部は、こうした経緯について、吉川氏本人からも詳しく事情を聴く考えで、本格捜査に乗り出す方針とみられる。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文746文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集