どんなに慕われても…1年で代わる先生たち 学校で増える非正規教員の実態

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
非正規教員(常勤講師)になって4年目になる女性。勤務校は毎年変わる。「子どもたちと別れるのはいつも寂しい」=2020年11月23日午後6時21分、大久保昂撮影
非正規教員(常勤講師)になって4年目になる女性。勤務校は毎年変わる。「子どもたちと別れるのはいつも寂しい」=2020年11月23日午後6時21分、大久保昂撮影

 学級担任も部活動の指導も任されるが、給与水準は低く、翌年度も教壇に立てる保証はない――。そんな不安定な立場の先生が小中学校で増えている。増加の背景と問題点を探った。【大久保昂/東京社会部】

「4月以降も仕事あるのかな」

 年度末が近づくと、携帯電話を手放せなくなる。教員としての任期が年度末で切れるため、4月以降も仕事があるかどうかについて、いつ教育委員会から連絡が来るか分からないからだ。

 女性は首都圏の公立小学校で先生をしている。仮に仕事が見つかっても、別の学校に移ることは「暗黙の了解」で、渡り鳥のように転々としていく。給与は同い年の正規教員と比べると7割ほどだ。

 「本当に子どものことが好きなんですよ」

 明るく話す女性の姿からは、教師という仕事にやりがいを感じている様子がひしひしと伝わってくる。

 大学を卒業したのが5年前。まだ20代の後半に差し掛かったところで、教員としては若手と言える。ただ、世間で一般的にイメージされる教員とは立場が少し違う。

 「臨時的任用教員…

この記事は有料記事です。

残り4181文字(全文4617文字)

あわせて読みたい

注目の特集