メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鬼滅」の列車と同型SLに藤棚イルミネーション 山形市長、登場人物に扮して点灯式

人気漫画「鬼滅の刃」の登場人物に扮し、イルミネーションの点灯に立ち会う山形市の佐藤孝弘市長=山形市で2020年12月22日午後5時26分、小鍜冶孝志撮影

[PR]

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に登場する列車と同型のSL列車がある山形市第二公園(山形市十日町4)で、藤棚のイルミネーションが始まった。点灯は2021年3月31日までの午後4~9時。

 人を食べる鬼たちがすむ大正時代の日本が舞台の同作品では、鬼は藤の花が弱点という設定。市が誘客を目指し、藤棚とSL列車がそろう公園でのイルミネーションの設置を決めた。

 点灯式には、作中の登場人物に扮(ふん)した姿で、佐藤孝弘市長が登場。佐藤市長は「勇気を振り絞りコスプレをした。新型コロナウイルスで暗い話題が多い中、少しでも明るい話題になれば」と話した。【小鍜冶孝志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです