スーパーの過剰在庫、AIで減らす 東京都が食品ロス削減へ実証実験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小池百合子都知事
小池百合子都知事

 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」削減に向けて、東京都はAI(人工知能)を使ってスーパーなどの過剰在庫を減らす実証実験を始める。AIが気象情報や販売データなどを学習し、需要予測と自動発注をする。小池百合子知事が22日の毎日新聞のインタビューで明らかにした。

 都は2017年に製造や小売業者、消費者団体などによ…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集