見えない壁、越えられる? 障害の有無問わず楽しめるクライミング 記者も体験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナビゲーター(左)からの情報を基に壁を登る視覚障害者の男性=横浜市戸塚区で2020年11月16日午後7時55分、村上正撮影
ナビゲーター(左)からの情報を基に壁を登る視覚障害者の男性=横浜市戸塚区で2020年11月16日午後7時55分、村上正撮影

 東京オリンピックで新競技に採用されたスポーツクライミング。大人から子どもまで幅広い世代に親しまれる中、ちょっと変わったイベントが人気を呼んでいる。背後からの情報を頼りにホールド(突起物)を探し、壁をよじ登る。コンセプトは「見えない壁だって、越えられる」。その魅力とは?

 ある月曜の夜。JR戸塚駅(横浜市)から歩いて5分ほどのクライミングジムに、白杖(はくじょう)を手にした人や、盲導犬を連れた人たちが集まり始めていた。

 十数人の参加者は、視覚障害者と健常者が入り交じる三つのグループに分かれる。視覚障害のある参加者が登る場合は、後方からナビゲーターと呼ばれる人が指示を送る。

 「右手から(時計の)2時、遠め、がば(っと持てるホールド)」。ナビゲーターが次のホールドについての情報を「方向、距離、形」の順で分かりやすく伝える。

 情報を基に参加者は壁を伝い、手をぐぐっと伸ばすも、「行きすぎ。もう少し手前」と微調整の声が飛ぶ。…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1467文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集