特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

「盲導犬、大丈夫?」のない社会に パラトライアスロン・中沢隆

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界パラトライアスロン横浜大会に出場し、バイクで力走する中沢隆(左)=横浜市中区で2019年5月18日、佐々木順一撮影
世界パラトライアスロン横浜大会に出場し、バイクで力走する中沢隆(左)=横浜市中区で2019年5月18日、佐々木順一撮影

 街を歩けば「かわいそう」と同情的な声を掛けられ、公共施設を利用しようとすれば受け入れを拒まれる。盲導犬に対する日本社会の理解は依然乏しい。盲導犬ユーザーでありパラトライアスロン視覚障害クラスで東京パラリンピック出場を目指す中沢隆(41)=サイネオス・ヘルス・コマーシャル=に実体験を踏まえた現状や、大会後に望む社会のあり方について聞いた。【聞き手・村上正】

 ――盲導犬ユーザーとなったきっかけは?

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1546文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集