メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大坂なおみ専属・中村豊のトレーナー通信

長い休養、自分と向き合う時間に 勝つためにオンとオフはっきり

全米オープンで優勝し、トロフィーを持つ大坂なおみ選手(右)と中村豊トレーナー=米ニューヨークで2020年9月(中村さん提供)

 2020年6月から女子テニスの大坂なおみ選手の専属トレーナーを務める中村豊さん。ロサンゼルスで練習する大坂選手を支え、ツアーにも同行する。錦織圭選手やマリア・シャラポワさんら多くのアスリートの進化を支えてきた中村さんが、トップ選手のツアー生活から一般の方にも役立つ情報まで「最先端の世界」を語ります。毎回、「今月のおすすめ」としてパフォーマンス向上や健康に暮らすためのヒントを紹介し、読者の質問も受け付けます。

 20年以上トレーナーをしていますが、新型コロナウイルスの影響で、これほど長いオフシーズンは初めてです。なおみは9月に全米オープンで優勝した後、2カ月近く休養し、11月はじめから練習を再開しました。試合がないことで、普段よりトレーニングに時間を費やせるし、彼女の身体や変化を知る機会だとポジティブにとらえています。コロナで大会の予定が定まらないのは不安要素ですが、彼女の気持ちの浮き沈みやモチベーショ…

この記事は有料記事です。

残り2650文字(全文3056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです