企業の7割、防災進まず 「災害少ない」意識の低さ露呈 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 帝国データバンク群馬支店は、台風や地震などの自然災害への対策を進めていない県内企業が約7割に上るとの調査結果を発表した。昨年10月の台風19号は県内にも被害をもたらしたが、対策を進めていない企業は同11月の調査時より2・1ポイント増加していた。同支店は「自然災害が少ないとされる県内企業の意識は他地域と比べて低い」と分析している。

 調査は今年10月、県内企業351社を対象に行い、172社から回答を得た。自然災害への対応を聞いたところ、「進めている」と答えた企業は27・9%(昨年比1・4ポイント減)で都道府県別で42位。トップは高知、宮崎両県の47・7%で、南海トラフ地震などが予想される太平洋沿岸地域で高い傾向があった。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文668文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集