連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

コロナとがん 患者の家族、まず悩み把握を 東京医科歯科大准教授・今津陽子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の流行は、がん患者だけではなくその家族にも影響を及ぼしている。抗がん剤治療をする患者やその家族への看護のあり方について研究している東京医科歯科大の今津陽子准教授に、新型コロナの流行下で患者に家族ができることや、家族が感じるストレスなどについて聞いた。

 ●患者会参加支援を

――新型コロナの流行で、不安に思うがん患者も多いと思います。家族にはどんなことができるでしょうか。

 がん患者の不安を解消する場として、患者同士が集まって治療や生活の悩みを打ち明け合う患者会が大きな役目を果たしてきました。新型コロナの流行で会合を開くことが難しくなり、患者の中には誰かに相談したくてもできないでいる人もいます。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1325文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集