メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、天安門事件翌年に天皇訪中要請 日本は世論懸念し非公表 極秘公電公開

1990年11月13日、会談で握手を交わす中国の呉学謙副首相(左)と海部俊樹首相=東京・元赤坂の迎賓館で(外務省外交史料館所蔵)

 1990年11月の「即位の礼」に参列するために来日した中国の呉学謙副首相が海部俊樹首相と会談した際、天皇に即位された上皇さまに訪中を直接招請したと伝達していた。前年の天安門事件後では、天皇初訪中への起点となるが、日本政府が世論を懸念して非公表にしていた。23日公開の極秘公電で明らかになった。中国にとっては天皇訪中を日本との関係改善の象徴とする一方、事件による西側諸国の制裁を打破する思惑もあった。

 天皇訪中は80年代の日中外交の主要なテーマだった。中国は繰り返し要請し、日本も前向きな姿勢を示していた。だが天安門事件で情勢は一変。89年8月7日付で外務省中国課が作成した極秘文書で対処が難しい課題として「天皇陛下御訪中」を挙げるなど「実現は困難」(元外務省幹部)との見方が広がっていた。

 呉氏との会談を記録した90年11月13日の公電によると、呉氏は即位の礼があった12日に上皇ご夫妻(当時天皇、皇后)と会見した際、…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです