特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」前夜祭 菅首相、自らの説明責任「機会があったら対応」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=首相官邸で2020年12月15日、竹内幹撮影
菅義偉首相=首相官邸で2020年12月15日、竹内幹撮影

 菅義偉首相は23日、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭で、安倍氏側が費用を補塡(ほてん)していた問題に関する自身の説明責任について、「機会があったら対応する」と述べた。問題に関しては「現在まだ捜査中で、政府としてのコメントは控えるべきだ」と言及を避けた。東京都内で記者団に答えた。

 また、22日に衆院議員を辞職した吉川貴…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文325文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集