メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女川高等学園がぼうさい甲子園グランプリ 特別支援学校で初

2020年9月の総合防災訓練で、避難者役の教員らに検温を実施する宮城県立支援学校女川高等学園の生徒たち=同校提供

[PR]

 優れた防災教育の取り組みを表彰する2020年度の「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社など主催=のグランプリに、宮城県立支援学校女川高等学園(同県女川町)が選ばれた。今回は16回目の開催となるが、特別支援学校のグランプリ受賞は史上初。来春で創設丸5年となる全寮制の同校では、生徒たちによる寮の自主防災組織「自治会」が学内で行う総合防災訓練の企画・運営を手がける。新型コロナウイルスの感染拡大の中、主体的な取り組みが高く評価された。

 給食給水班や安全点検班など6班で構成される自治会は、非常食の管理や寮内設備の安全点検など、日常的に防災の役割を担う。その一環として、毎年9月に津波による被害を想定し、避難者の応急救護や体育館での寝泊まりなど、20時間にわたる訓練を実施している。

 今年は新型コロナの影響で、密集を避けるため、大幅な内容変更を迫られた。同校には軽度の知的障害がある生徒が通い、障害の特性上、環境の変化に敏感な生徒も多い。感染予防を優先し、これまで通りの話し合いや準備ができないことにいらだつこともあったという。それでも「コロナ禍でできる訓練は何か」と話し合い、訓練内容にも感染防止対策を取り入れた。寄宿舎指導員の柏卓志さん(28)は「大人が提案するのではなく、自分たちで企画するのが大前提。どうしたら周囲を引きつける内容になるのか、生徒みんなで頭を使っていた」と振り返る。

 議論の結果、今年は全学年合同ではなく、内容ごとに学年別に実施した。体育館では総務班や救護班が検温を担当し、新型コロナ感染者の発生を想定した隔離スペースも設けた。「非接触」の食事を意識して炊き出しも取りやめ、給食給水班が非常食を一人一人に配布した。

 給食給水班長を務めた3年の小畑希望さん(18)は「グランプリを取ることで、日ごろの活動が全国のみなさんに伝わり、うれしい」。総務班長で3年の荒井龍斗さん(17)は「自分たちが取り組んできたことが受賞という形になってよかった。卒業後も防災訓練の経験を生かして、災害が発生した時は避難所の運営を手伝っていきたい」と話した。【藤田花】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです